為替犬だわん🐶

副業やろうと思うんだけど、どれがいいの?いっぱいあるからわかんないや!

こんな疑問にお答えします

最初からFXやっといたほうがいいよ!

と、声を極大にしていいたいですw

僕は、5年ほど事業をやってまして、年8桁レンジを推移してましたが、

なぜ最初からFXにフルコミットしなかったんだろう?

と、全力で後悔しています

参考:トレーダーが最強の職業である理由【資本主義のチートキャラ】

この記事では、その理由を解説します

副業やるならなぜ最初からFXを選ぶべきなのか?

今回の記事は、実体験をメインに語りますので、リアルトークなのですが、

  1. FXはだれもが最後にいきつく副業である
  2. そもそもFXは副業ですらない
  3. FXはほかの副業と全く違う

からです

それぞれこまかく解説しますね

FXは誰もが最後に行き着く副業である

世の中には、多くの副業があります。

その副業が本業にもなる時代ですが、どのビジネスをしていても、大体の人がある程度稼ぐと投資や投機の世界に入ってきます

  • アフィリエイトだろうと、
  • 物販だろうと、
  • ライターだろうと、
  • 情報販売だろうと、
  • YouTuberだとうと、

最終的には投資にくるのが定番ルートで

なぜなら、ビジネスには「ひとりで稼ぐ限界」があるからです

DaiGoさんで年商数億円

大きく稼ぐためでには、人や仕組みなどのレバレッジを効かせる必要があるのですが、単騎で一番稼いでる人といえば、たぶんDaiGoさんです

彼は年商数億はあるはずですが、それをほぼひとりでネットを駆使して稼いでいます

ただ、あのDaiGoさんでそれなんです

テレビにもでて、著書も多数あり、ネームバリューがものすごくでかい人でやっと年商数億です

そこから税金が約半分持っていかれます

で、そこでかんがえるのが、資産運用になるわけです。

よって、最後はみんな投資やら投機の世界にこんにちはするわけですね

え、だったら、最初からトレードでよくない?

って感じませんか?

だって、最終的にやるのであれば、最初からそこに時間使ったほうがいいじゃん

と。

トレードは決して楽ではなく、経験がものをいう世界です

ということは、早くに始めて経験をつみ、盤石な取引手法を作り出したほうがいいんです

それができれば、資金はどんどん膨らみ、事業では想像できない収益性をてにいれることができます

やってることは同じなのに、利益だけがどんどん大きくなるわけです

FXなどの投機(投資)とほかのビジネス(副業)の決定的な違い

ビジネスは足し算、投資や投機は掛け算

という点です

ビジネスは常に小さいものの積み上げです。その積み上げが大きくなることで、収益がひろがっていきます

そして、大きく積み上げるためには、多角化、つまり横展開が必要になります

例えば、あなたがアフィリエイトをしていたとしましょう

一つの商材で20万円稼いだとしても、ある日そこが頭打ちだと気づきます。そのときあなたは売り上げ増をするために以下のどれかをするはずです

  • 取り扱うアフィリエイト商材を増やす
  • アフィリエイトノウハウを販売する
  • コミュニティビジネスをする
  • 別媒体でも発信をする

あたりでしょうか

こんな感じでどんどん横展開して、積み上げ続ける必要があります

でも、その積み上げは「とある問題点」により崩れる可能性が高いです(あとで触れます)

そして崩れると、また積み上げなおす必要性があるんですね

でも、投資や投機は掛け算です

  • これはどういうことかというと、
  • 全く同じ作業をしているだけで、
  • 利益率がどこまでも上がっていく

ということです

トレードにおいては、横展開は必要なく、どこまででも縦展開、つまり同じことの深掘りなんです

つまり、勝てる自分なりのやり方ができたなら、それをどんどんブラッシュアップするだけ。銘柄を増やすとか、そういうのは不要です

それでも、勝てるようになり、資金がふえていけば、ロットもふやせるので、同じ作業で倍稼ぐこともできます

で、また資金が倍になれば、さらにロットをあげて...の繰り返し

だから、10万から始めた人がいつのまにか億稼いでたりするわけです

伝説のトレーダーBNF氏も最初は140万円だった

おそらく国内最強のトレーダーのBNF氏は、当初資金はアルバイトでためた140万円です

だれでも作れる金額だと思います。

それが、以下のように資金が増えていきました

  1. 140万→280万
  2. 280万→6100万円
  3. 6100万→9800万

などと、まあこれは出木杉くんだけど、140万が現在は数百億円になってるそうです

BNFさんは相場の状況次第で取引手法は変えてるけど、ただ「相場観」的なのはあまり変わってないと思われます

同じことをやってるだけで、140万円が数年で億超えるわけだから掛け算の力はすごいですよね

FXにはほかの副業にある第三者リスクがない

第三者リスクとは?
自分以外のなにかによる、ルール改変など。それによって積み上げたものがパーになることがあるもの

例えば、

  • プラットフォームのルール変更
  • 消費者動向(流行や消費意識など)
  • ヒューマンエラー

あたりがそれです

現在流行っているビジネスでの第三者リスクを比較してみましょう

アフィリエイトやメディア運営の第三者リスク

これはなんといっても、

  • Googleのアルゴリズム変動
  • ASPのルール改変

が大きいですよね

昨今はとくにGoogleのアルゴリズムに落ち着きがなくアフィリエイターが阿鼻叫喚の絵図です

今まで積み上げたサイトからの収益が急になくなったりするんですし、たまったもんじゃないですよねw

でも、できる対策は限られてます。なぜなら、変更内容がブラックボックスだからです

事実、僕自身は、以前、大きな収益を生んでいたメディアでこれを食らった経験があります

インフルエンサービジネスの第三者リスク

現代は評価経済と呼ばれる概念があり、SNSのフォロワーの数、質がそのままその人の価値とみられる時代です

そのため、ツイッターやYouTubeやインスタで大きなトラフィックを集める人の元には広告費が大きく使われます

個人そのものが商品になるので、ある意味最強かと思いきや、

  • 使うプラットフォームに依存する
  • 競合が次から次へとでてくる
  • 負の情報が拡散されたとき、終了しがち

という第三者リスクがあります

プラットフォーム依存

TwitterでもInstagramでもYouTubeでもTikTokでも、それぞれのプラットフォームの存在とルールに依存します

そこにいくらフォロワーが集まっても、その媒体がなくなれば終わりますし、そのフォロワーというのはあくまでプラットフォーム上でしか通用しません

それを防ぐために複数のプラットフォームをまたぐわけですが...

でも、プラットフォームにはいわゆる流行り廃りがあり、オワコン化するのも早いです。

そのため、常に民族大移動が繰り返されてる感じなので、それって普通に消耗しません?って話ですね

さらには、規約変更などで、自分のアカウントがBANされる確率もゼロではないです

ライバルが次から次へとくる

インフルエンサービジネスの難点として「インフルエンサーになれるかは別として、参入障壁がない」という点です

いまや小学生でもネットネイティブなので、言ってしまえばライバルの出現は避けられません

おもしろいものを作れればいいので、別に大人である必要性もなく、ある日突然、自分のカテゴリに天才的な発信者が出てくる可能性があります

消費者はずーっとひとりに夢中になることはないので、自分よりおもしろい人がいれば、そっちに流れていくのは必然です

芸能界見てればわかりますけど、ずーっと人気な人って一握りですよね

10年後も人気をキープしてるインフルエンサーはほとんどいないと思います

負の情報が拡散されたら割とオワコン化する

最近で言えば、ジョーブログがそうでしたね

渋谷スクランブル交差点にベッドを持ち込んだ動画で大炎上→書類送検をくらい「オワコン」と言われるようになりました

人気者になると、それだけ多くのひとに監視されるとも言えます

嫉妬もあるでしょうし、自分の弱みを握る人間からそういうリークをされる可能性も高くなります

し、今後なにかしらの過ちをしたときに、それによって人気がサーっと引いていくってことは予想できますね

多くの人に知られるということは、お金にもなるし、いろんな出会いや機会に恵まれる反面で、多くのヒューマンエラーの温床になるわけです

いい情報以上に、悪い情報も拡散されます

結局はネット上でつながってる程度の関係なので、フォロワーとしてもメリットがなくなればボタンひとつで関係を切れるわけです

物販ビジネス:せどりなどの第三者リスク

これも、販売するプラットフォームに依存しますね

  • アマゾン
  • 楽天
  • アリババ
  • メルカリ

などなど、どれも第三者のつくったものなので、規約変更や手数料の増額などで売り上げに影響がでることが余裕で予測できます

さらに、完全オリジナル商品を販売してても、似たようなものが出品されるのは防げなく、徐々に価格競争がおこっていく世界です

さらに、物販ビジネスは人を使わないと自動化ができません。ということは、ヒューマンエラーの原因になります

ひとりだと完全労働的で、人に任せばヒューマンエラーの原因になる

割と大変だと思いますよ

とはいえ、一番地に足ついたビジネスではあります

FXなどの投資でない副業は、積み上がるようで積み上がらない

と、こんな感じで、一般的な副業は割とハードゲーです

むかしは楽だったんですが、2019年現在はけっこうハードです。経験者は語る

正直、積み上がるようでそうでもないものなので、あまりここに時間を使うのは得策ではありません

参考:年商1000万円アフィリエイター、FXやらなかったことを後悔【時間のムダ】

もしやるなら、自分のコントロール裁量が強いメルマガで自社サービス販売するのが古臭いそうで実はいちばん堅実です

FXとほかの投資の比較

これは別記事で詳しくまとめますが、ひとえに投資といっても、

  • 現物株式
  • 金現物
  • 投資信託
  • 債券
  • 仮想通貨
  • FXの自動売買

など、いろいろあります

ここでは超ざっくり比較すると、いっさいのポジショントーク抜きでFXがいいよなあって感じです

長期投資はむずかしい

バフェット氏の時代ならまだいいとおもいます

まだまだこれから!って企業も多いし、まだ不便な時代だったので、いわゆる「世界のスタンダードになる企業」がでやすい時代だったからです

  • コカコーラ
  • アメックス

など、今では世界においてみない日はない会社の株を安く買えた時代です

でも、今から上記のような企業が生まれるイメージって湧きますか?

ぼくは湧きません

ここ10年ででてきた、世界のスタンダードになった企業といえば、

  • Amazon
  • Apple
  • Google

あたりですが、これらの株価はすでに割と高くなってますよね。暴落したら買いたいですが、でも10年以上前に買ってる人より不利です

じゃあ、今後これ以上の企業が生まれる可能性やいかに?

というところです

ただでさえ、経済的な不安感が世界を包み込んでいて、かつ時代の流れが早く、倒産する会社のほうが多い中で、60年後も存在し、価値をキープできる企業ができる確率は低い気がします

それよりも、全世界的に株価が下がる確率のが高い

そのなかで数十年スパンの長期投資は、無理ゲーではないでしょうか?

関連記事:長期投資と短期投資どっちがいい?儲かるの?【今後の時代を考える】

投資信託や自動売買は意味がない

人頼み、ツール頼みは一番よくないと思います

なぜなら「ロジックが説明できないから」です

その投資信託はなぜその銘柄に投資されたのでしょうか?

その自動売買EAの優位性を自分で説明できますか?

自分が理解できないロジックで投資するってのは、一切自分に残るものがないですよね

はやりのトラリピなども、ロジックを組んでやってればいいものだと思いますが、日々変わる相場の中で、そのロジックをただ繰り返していつまでもいいパフォーマンスがでるのか?といえば疑問符です

自分で相場の流れを読み、トレードすることでしか、相場観やトレード技術はつかないと思います

参考:【比較】FXと投資信託どっちがいいの?ちがいは?【人に金を預けるな】

仮想通貨はどう?

もし市場規模が大きくなるのであればいいなーと思いますが、今のところ、

  • 出来高がFXなどに比べて低いので、注文が通らなかったり、
  • ブローカーのサーバーが落ちまくったり、
  • 急に電子クズになる可能性が高かったり

など、読めない部分が多いのでどうだろうか?という感じです

ぼくも現物で5種類ほどもっていて、含み益を抱えてますが、そこまで期待はしてません

それなら、ダウ平均などの取引をしてたほうが、安定した環境でできるのでいいなという感じです

参考:為替と仮想通貨(BTCFX)どっちがいい?ちがいは?【徹底比較】

FXと株の短期トレード

今やるならこのふたつのどっちかかな、って思います

どっちがいいか?は【比較】FXと株式投資どっちがいいの?違いは?でまとめてますが、今後やるならば、値動きの波に短期でのって稼ぐものが優位性たかいはずです

なぜなら、今後はリーマンショック級の暴落が来る可能性もあるので、現物をもつ=買ったあとに価値がさがるかもだからです。その回復には数年かかります。

短期トレードなら、下がるなら売れば稼げるので、変化の激しい今の時代はそういう方法論のが優位だと感じます

実際、仮想通貨でも、バイ&ホールドをする投資家よりも、値動きに乗るトレーダーのが稼いでますね

個人的には、銘柄数がすくなく24時間できるFXのほうが、サラリーマンでもできるのでおすすめです

FXはそもそも副業じゃない

ちなみに、FXは厳密にいえば資産運用です

なので副業禁止の会社員や公務員でもできます

副業禁止してない会社でも、副業収入があると

会社やめるか?副業やめるか?

とか言ってくることがあるのでFXであれば、

資産運用です

といえば問題ないわけですね

業務中にやったりしちゃダメですけど、こそこそ隠れることなく副収入作れるのでいいですね

副業するなら今すぐFXをやれ!

独立後5年経って思いますが、過去のぼくにそう言いたい

なぜなら、ぼくは5年たった今、事業にそこまでおもしろみを感じなくなったからです

  • 常に手を替え品を替えないといけない
  • いつまでも競争をやめられない
  • 積み上げても第三者リスクで崩れる

こんなものに時間を割くのがアホくさくなりますよw

だって、どう考えても10年後におなじことで稼げるイメージがわかないですもん。

ということは、10年後も手を替え品を替え、競争をし、積み上げないといけないわけです

じゃあ、10年後もまず存在し、基本的には同じことの繰り返しである金融市場で稼げるようになったほうがよくないですか??

ってお話です

もしぼくが5年前にFXに本気出してたら、たぶん今ちがった毎日を送っていたはずです

トレードは経験から学ぶものだからです。早いに越したことない。

もし、あなたが今サラリーマンや学生で、限られた時間の中で収入をあげるためになにかはじめようとしてるのであれば、その数時間はすべてFXに費やしたほうが、5年後のあなたのためになると思いますよ。

やることもシンプルですし。

資金が少ない?

FXには複利があるので、一度勝てるようになれば、その少ない資金も大金に化けます

学生の間にFXでかせげるようになったら、無双できますねw

  1. サラリーマンで社会的信用を積みつつ、
  2. 節約し元本を貯め、
  3. FXでお金を増やし、
  4. 現物資産に投資する

これが最強です