為替犬だわん🐶

FXで失敗する人、破産する人ってどんな人なの?反面教師にしたいから教えて!

この疑問にお答えします

この記事では、

  1. FXで破産する人に目立つ特徴まとめ
  2. なぜそれで失敗するのか?理由を解説
  3. どうすれば破産を避けることができるのか?

を解説します

ぼくは現在トレーダー1年目ですが、目立った大負けも、資金を溶かすという経験もせず堅実な運用ができています

派手さもないけど、危険ではない

そんな運用をしたい人はぜひ参考にしてください

FXで破産する人の特徴

さて、ここにでてくる例を、すべて反面教師にしましょう

人によっては、それでも成功する人はいるでしょうが、僕含む多くの凡人は、真似するな危険です

FXの資金を借金する

ベストオブ危険です

というのも、FXは負ける確率の方がたかく、資金が増える保証はどこにもないゲームです

しかし、借金は一度借りると、年利18%くらいの利子が複利で回ります

  • 資金は増えない可能性が高いのに、
  • 借金は確実に増えていく。それも複利で。

わけです

普通に考えて、圧倒的に不利すぎませんか?笑

複利の力はエグい

この画像は、複利計算機で借金の増え方を計算したものです

  • 元金50万
  • 年利15%

と仮定して計算したら、3年目には20万も借金が増えてます。

FXの資金がこれ以上増えてるならともかく、そうでなかったら損失でしかないですよね。しかも、この返済は生活費からだすわけです

FXの資金を借金していい人

借金の年利以上の利率、しかも複利で、しかも安定的に稼げる人

だけです。

借金の年利が15%なら、FXで年利30%などを「安定して」稼げる実力があるなら、利益が残ります

(いや、収益に対しての税金もあるのでそれでもダメかもしれませんが。)

これなら、人の金で自分の金を殖やしてるので、ある意味金貸しサイド=複利を得る側になれています

でも、年利15%ってけっこうすごいですからね!

Twitterみてると、バケモノトレーダーしかいないので基準値が狂いますが、一般的な投資では、年利10%って相当すごいパフォーマンスなわけです

この年利を稼ぐだけでも、けっこうな実力が必要ですよ

一発逆転を狙いがち

これ、多い気がします

上記の借金もそうですが、FXを一発逆転のチャンスとして都合よく見過ぎな人、いませんか?

もちろん、その可能性もありますが、一発逆転を狙う=一発転落の可能性も同じだけあります

深淵をのぞくとき、深淵もまたこちらをのぞいているのだ by ニーチェ

ですよ。リスクとリターンは表裏です

どっちかというと、FXはコツコツとしたマラソンのようなものだと思います。

一発逆転ではなく、堅実な積み上げの意識でやるほうが正しいかな、と

野球で例えるなら、ホームランを狙うよりも、毎打席しっかりヒットを連発して塁を進める感じですかね

感情をもちこむ(トレード結果に一喜一憂する)

ビジネスに感情をもちこむな

とはよくいいますが、まだビジネスならいいと思います。人間関係なので、感情的な要素は必要です

でも、トレードにおいてはほんと感情は害しかないです

というのも、相場と自分しかいないので、

  • 怒ったところで相場はうんともすんともいわない
  • 悲しんだところで相場はうんともすんともいわない

わけです

チャートそのものには感情なんてないので、自分だけ熱くなってもそれは誰もいない虚空に対してキレてるようなもんです

まるで意味がないです

感情的な人は、ポジポジ病になりやすい

僕自身、けっこう感情的なタイプなんですが、以前は重度のポジポジ病でした

連続で損きりになったりすると、

は?ふざけんな?

みたいになって、負けを取り戻すためにエントリーしては負け、負け、負け...

頭が沸騰しすぎてパソコンのマウスを破壊したりするようなこともありましたw

こんな感じで、感情的な人は、ギャンブル脳におかされて論理的なトレードができなくなる可能性があります

感情的な人は、無駄なトレードをしがち

この感情ってのは、勝ち負けだけでなく

トレードたのしいいいいいいいいwwww

っていうのもそうです

トレードをするためにトレードするっていいますか。

お金を稼ぐことではなく、トレードすることが目的になってしまうと、いらないトレードが増えます

トレード回数がふえれば、負ける回数も増えるので、それで資金を減らすのはあるあるです

トレードは、つまらないくらいがちょうどいいと経験上思います

なんでしょう、歯磨きみたいな感じですw

歯磨きたのしいw さいこーw ふおおおおおおww

ってなる人、いませんよね?

歯磨きはスマホとか眺めながらホゲーってしますよね。それくらい無感情な方がいいと思います

相手は無機質な存在なので、こっちも対等になりましょう!

生活資金を運用する

相場に感情を持ち込んでしまう理由の一つに「お金に感情をもっている」ってことがあります

例えば、

  • 借金で運用:返済という焦りがうまれやすい
  • 生活資金で運用:減らしたくないという恐怖

って感じです

運用資金に感情をもってしまうと、一時的な資金の増減に一喜一憂しがちです

連敗した時なんて、しんどくてたまんなくなります(経験談)

あくまで、相場に投入する資金は、

まあ最悪なくなってもいっか

って思える余剰資金を当てるべきです

お金をお金と考えないほうがいい

いずれにせよ、口座に入金したお金は、もうお金だと思わないほうがいいです

いや、お金だろ

って思うかもしれませんが、なんでしょう、そうではなくゲームの中の仮想通貨みたいにとらえるといいです

または、スマブラでいう世界戦闘力ですかね

お金だと思うと、やっぱりいくばくかは感情がはいるのですが、ゲームの中のポイントが増減しても、そんなに気にしないですよね?

かの神トレーダーBNFさんも、

現金は普段見ないようにしているんです。時には数千万円単位で損失を出すこともあるので、いつも現金を見ているとあんなに損をしたのかと精神的なダメージが大きくなるからです

とどこかの動画でいっていました。

BNFとは?
推定資産1000億超という神トレーダー。原資は140万円。なお資産1000億円超ってのは世界的にみてもトップクラスです

つまり、お金に対して鈍くなるっていうのも、感覚的に大事なんだと思います

なんとなくでトレードする

これで勝てる人もいますが、それは

  • 天才か?
  • 運がいいだけか?
  • 経験があり、感覚で相場がよめるようになってるか?

のどれかです

だいたいは、ラッキーで勝ててるだけだと思います。

FX初心者がフォローすべきおすすめTwitterアカウント10選【トレーダーが厳選】で紹介してるようなプロなら、長年の経験から染み付いたものがあるのでなんとなくで勝てることもあるでしょう。

でも、凡人がそれでやっては、勝てるはずがないですよね

敵はファンドやプロな訳で、論理的に相場をみてる人ばかりです。

値ごろ感や、ノールールでトレードして勝てるなら苦労しませんね

トレードルールが大事

  • エントリーポイント
  • リスクリワード
  • 損きり、利食いはどうするか?
  • トレード時間
  • 保有時間
  • 体調管理

など、各自のルールをきめるべきです

ぼくは、この記事にまとめていますが、これを淡々と繰り返しています

追加すれば、

  • 眠い時はやらない
  • つかれてるときはやらない

などの体調面でもルールをきめています

こうしなければいけない、という絶対的なルールのない相場では、自分で自分をしばらないと、なんとなくトレードが増えてしまうので注意です

損を受け入れない

トレードにおいて、損きりは避けられない現象です

損失を確定させるのはくやしい

気持ちはわかりますが、確定させないとだめです

資産がなん億円とあるトレーダーでも、損きりはしっかりします

損きりは必要経費である

と、多くの勝ち組トレーダーはいいます

  • 次なる勝ちにエントリーするための準備
  • 勉強代

として、受け入れるが吉です。サクッとやりましょう

最悪なのは、損失確定がこわくて、反転する兆しも計算もないのにズルズル保有したり、ナンピンかますことです

それが戦略として成立して、わかった上でやってるならともかく、感情に支配されてそれやったら、大抵終わります

あー、シナリオはずしたか残念だなー損気りポチー

くらいドライにやれるようになりましょう

人格編:こんな人はFXで破産しやすい?

一般的に、人格が魅力的でない人はFXでうまくいかないといわれているのですが、個人的にこれはどうだろうか?という感じです

人格がいい人が多いのは事実なんですが、そうでもない人が勝ってることもあるので...

部屋が汚い人は、失敗する?

これはひとによるとおもいます

トレーダーではわかりませんが、成功者の中にも部屋が汚い人は数多くいました

  • アインシュタイン
  • ピカソ

の部屋が散らかってたのは有名です

部屋が汚い、散らかっている=頭の中も雑念だらけ

っていうのは、こじつけかなーって思います

人格が良くない人は、失敗する?

これも、どうだろうか?と個人的には。

というのも、そりゃ人格者の方が成功しやすいでしょうし、成功してほしいですが、特に相場においては、その人のバックボーンは関係ありません

  • 人を人とも思わないサイコパスが稼いでることもありますし、
  • 詐欺師が詐欺で稼いだお金をトレードで増やしてる可能性もあります

トレードで成功していて、表に出てる人が人格者が多いだけで、表に出てこないひとのなかにはとんでもなく悪い人もいると思いますよ実際は。

むしろ、ビジネスの世界でもそうですが「マジのいい人」は大成しにくい気がします

どこかしらに、狡猾さなどがある、「いい人風なひと」が多いような(為替犬しらべ)

たぶん、クラスにひとりはいる「マジのいいやつ」にトレードやらせても、成功しない人はしないはずですよw

まあ、けっきょくここらへんは人によるわけで、強い因果関係はないかと。

どっちかといえば、最初の方にまとめた、相場へのスタンスや感情面が成否にたいしての因果関係は強いと思います

どうすればFXで破産することを避けられる?

この記事で書いたことを反面教師にしつつ、破産確率に基づいた手法をもつことです

参考:バルサラの破産確率から考える、破産しないFXトレード手法

破産する確率は数字で計算できるので、まずは手法でその確率を限りなくゼロにさせていき、

  • メンタルコントロール
  • お金や相場に対するスタンス

を熟成させ、さらに相場に対しての経験値を積んでいくことかと。

最終的には、手法やリスクリワードではなく、自分自身の強さの問題になります

どんな優れた手法をつかってても、自分の心が弱く、損きりできなければ損は膨らみますし、感情的になっては強者にカモにされるだけです

データで計算できる部分で調整しつつ、強靭な自分をつくりあげましょう!