為替犬だわん🐶

FXはメンタルゲームって言うけど実際どうなの?

この疑問にお答えします

僕はFX歴1年位ですがメンタルが重要と聞いて、いろいろ試してきました。

その結果確かにFXはメンタルゲームなんだけども、実際はメンタルは鍛えられないと感じました。そんなお話をします

この記事でわかること
  1. FXはメンタルゲームである
  2. でも、メンタルは鍛えることができない。その理由とは?
  3. メンタルの正しい考え方

では、いきます。

FXはメンタルゲームです

大前提としてFXは確かにメンタルゲームです。

優れた技術や経験を持ってても、感情がぶれていたりすると全然うまくいきません。

例えば怒ってる時なんかは冷静な判断ができないので、だめトレードをしがちです。

億トレーダーでもメンタルがおかしい時なんかは大損してたりします

参考記事:億トレーダーAkiさんから学ぶ、守りのFXトレード【大負け防止】

それくらいFXにおいてメンタルと言うものは大きな要素になってます。なのでみんな口を揃えていいます。

メンタルを鍛えろ

と。

【悲報】FXはメンタルゲームだけど、鍛えることはできません

そんなメンタルゲームのFXですけども、実はこのメンタル、鍛えることができません。

僕自身、メンタルを鍛えようと頑張ってきたけども正直そこまで変わったとは思いません。

いやそれはお前がだめなだけじゃん笑

て思うかもしれませんが、多分僕だけじゃないと思います。

その理由を書きます

人の特性はそんな簡単には変わりません

まず第一の理由として、人の特性っていうのはそんな簡単には変わらないです。

人の性格とか特性って言うものは、先天的なものもあるし後天的なものもあります。

主に後天的なものに関しては、過去の経験だとかそこで体験した感情がベースになってたりします

つまり割と根深いものであるといえます。

極端な話をすれば、嫌なものは嫌だし、いいものはいいしという話です。

ものすごく高所恐怖症の人が鍛えたからといって、スカイダイビングがいきなりできるようにはなりませんよね?そんな感じです

恐怖や欲望は根深い

何度も言いますが恐怖や欲望、人の感情や性格という物の癖っていうのは、結構根深く染み込んでるものです。

肉体であれば筋トレをすれば割と簡単に鍛えられますが、メンタルと言うものはそもそも自分で理解していないことも多いし、目で見えません。

なので鍛えようとしても物理的には無理ですし、せいぜい価値観の上書き程度にしかなりません。本質的に、人は根本的なところは変わりません。これは、様々な心理学の本でも書かれてたりします。

経験ある方はわかるかもしれませんが、人が大きく変わる時って、それなりに大きなショッキングな出来事がありませんでしたか?

そういうことがないと人はなかなか変わりません。

つまりFXのチャートの中でメンタルが鍛えられることなんてそうそうありません

例:1万円失うのが怖い人が100万円失えるか?

例を出します。

例えばあなたが1万円失うのが怖いと思う人だとします。

そんなあなたが1ヵ月後に100万円失ってもオッケーって言う位のメンタルに成長できるイメージってわきますか?そのためになにすればいいかわかりますか?

僕はわきませんし、わかりません。

仮にそういう風のメンタルに変わったとしても、それって単純に100万円失っても良い経済的な余裕がついただけだと思います。

でも実際に100万円を失ったら嫌な気持ちになると思います。経済力が変わっても、経済感覚はおそらく変わってないからです。

1万円失うのが嫌な人が、100万円失えるようになるころには、そもそも持ってる金額が今の100倍などになってるはずです。

なんでたかが1万円失うのも嫌なんだろう?

と思うかもしれませんが、その理由って正直わかりませんよね?なぜか、そうなってたはずです。

こんな感じで、よくわからないけどいろんな要素が絡み合って性格とか特性って言うものは決まります。

なのでそれを頑張って変えるのは難しいんじゃないかな?って言う感触です。

メンタルを鍛えるのではなく、メンタルに合わせることが大事

僕自身、メンタルを鍛えようと思っていろいろ試してきました。もちろん多少は変わったんですけど、革新的に変わったことっていうとそこまでありません。

そこで思いました。

メンタルを鍛えるんじゃなくて、取る行動をメンタルに合わせることが大事なんじゃね?

と。

しつこいですがメンタルを鍛える、変えるって言うものは難しいです。よっぽどのショック療法をしない限りなかなか変わりません。

だったらメンタルを変えるのではなく、そもそも自分が心地いいと思えるようにしたらいいんじゃない?

と言う話です。

FXでメンタルを鍛えるのではなく、合わせるの意味

FXでメンタルを鍛えるんじゃなくてメンタルに合わせるってどういうことやねん

って話ですけど、これは簡単です。

つまるところ、自分があまりプレッシャーを感じないようにトレードをすると言うことです。

まったくプレッシャーがないことはないんですが、明らかに感情がブレる場合は、負荷をかけすぎ説です。

筋トレでもそうですが「明らか無理してる」って重さは、ケガまったなしですよね?ほどほどの負荷でいいわけです。

FXにおいては、メンタルが常に「凪」の状態が好ましいわけですが、

  • メンタルを鍛えて、どんなときでも凪でいられるようにするのではなく、
  • 自分のメンタルが凪でいられる条件を知り、そうなるようにトレードを変える

ってことです。

損失許容額を知り、それに対してロット調整する

FXで1番メンタルに来るものって、ぶっちゃけ損失じゃないですか。

で、この損失も「自分が恐怖を感じない金額」をまず知って、それを最大損失許容額として、それ以上の損失を出さないように、損切り幅の損失を出さないように損切り幅や、ロットを調整します。

そうすれば想定以上の損失は基本的にはしないのでそこまで恐怖を感じることもなく、仮に負けても震えることなくトレードができます。

つまり、どうあがいても冷静でいられるように、トレードするわけです。

自分が保有できる時間を知り、時間軸を決める

もう一つ、FXでメンタルが揺れる原因はポジションを持っている時間の長さだと思います。

例えば短気な人が数ヶ月ポジションを持つようなトレードをしたら、その間は気が気でないと思います。

仕事に集中できないとか、眠れないとかなる可能性があります。

ここに関しても自分が恐怖を感じない哺乳時間の長さを知ることでそこに合わせることができます。その長さにトレードを合わせることでメンタルがブレずに済みます。

どんなトレードにも耐えられるようなメンタルを身に付けるのではなく、自分のメンタルに合ったトレードをすれば万事オッケーなわけです。

自分が凪でいられるトレードってどんなん?

という視点で考えるといいかと思います。

FXのメンタルは鍛えるまでもなく、成長していく

ということで結論ですが、FXにおいてメンタルを鍛えるのは無駄です。

無駄だと言うと言い過ぎですけど、実際、鍛えられません。

と言うよりかは、鍛えようと思わなくても成長していくと思います。

損が怖いといってもFXは最初は確実に損しますし、避けられません。なので多少の恐怖はどうせ経験します。それを繰り返すことで、徐々に慣れていき、結果としてメンタルが鍛えられます。つまり成長ってことです。

鍛える!と言うと、何か一生懸命変えないといけない印象を持つと思うけど、そんなことをしなくても経験を積んでいくことでメンタルは最適化されます。

なので、メンタルを鍛えようとするのではなく、今の自分のメンタルにフィットしたトレードを心がければ良いのだと思います。

実際に、僕も最大損失許容額などを決めて、自分がつらくないトレードを心がけてから、メンタルが原因で負けると言う事はほとんどなくなりました。

もちろん、無理矢理メンタルを鍛えるという方法もなくはないです。それに関してはまた別の記事でまとめようと思います。

関連記事:【中級者向け】FXに重要なメンタルが学べるおすすめ本を厳選する