FXの知識もメンタルも理解したので、手法を勉強したい!なにかいい本ない?

この要望にお答えします。

FXでは手法以前にメンタルが重要だと記事にも書きましたが、やっぱり売買の指針として手法は重要です

参考記事:FXは過酷なメンタルゲーム【精神崩壊の対策を】

つまりテクニカル分析なわけですが、これを学べる本をご紹介します。

僕は過去に100冊近い本を読みましたが、その中で、

これはいいな!

って思った本に絞ってます。冊数よりも質重視で!

この本でわかること
  1. テクニカル分析を学ぶのに効果的な本
  2. 本を読む際の注意点
  3. 本を読んだ後にすべきこと

ではいきます。

FXの手法(テクニカル分析)を本で学ぶ際の注意点

FXあるあるとして「読書で学んでばっかで結局なにもしてない病」があります

研究欲は満たされるんですけど、けっきょく手法っていうのはできるようになって初めて意味があるので、本ばかり読んでてもダメなんですね。

でも、勝てない時ほど本に頼りたくなります。

そこで、手法を本で学ぶ際の注意点をまずまとめます

いっぱい読めばいいってもんでもない

手法や分析方法はたくさん知ってる方が有利だ!

って勘違いしてしまうことが多いんですが、経験上、そうではないことがわかりました。

むしろ知ってることが多くなればなるほど、変に知識がつく分、複雑に相場を考えてしまい、シンプルにチャートを分析できなくなってしまったりします。

「これしか知らない」ってくらいの方が実はよかったりしますよ!

僕自身、研究しすぎて複雑に考えてしまい、エントリーできなくなるってことが多くありました。

参考記事:FXのエントリーチャンスがこなくてできない【シナリオは合ってるのに萎えぽよ】

知るべきことは案外少ない件

相場には聖杯はないわけなんですが、それでも僕らは、

なにか相場での絶対的な効果を発揮するものがあるはずだ!

と期待しちゃいますよね。

  • チャートパターンとか
  • インジケーターとか
  • なんたら理論とか

でも、やっていく中で知ったんですが、FXではそこまで知るべきことって少ないんですよね。

あれこれ詰め込むよりも、より狭く、より深くって感じがおすすめです

FXの手法(テクニカル分析)を学ぶ本を厳選してご紹介

ということで、今まで読んだ本の中で、いいなって思った本をまとめていきます。

チャート分析の基礎が学べる3冊

まずは基礎が学べるものです。これをベースにして考えるようにするといいかな?って感じです。

よくある感じでつまらない

って感じるかもな本ですが、そういう基礎が大事なんじゃないか?と。

FXチャートリーディングマスターブック

ローソク足含めて、チャートの見方や分析に関して基本的なことが学べます。

  • 移動平均線
  • オシレーター各種
  • ライン
  • ローソク足

など網羅されてるので、手法を学ぶときに最初に読んでおくと、他の本を読んだときに話が通じやすくなりますよ!

FXチャート実践張

この本は、ローソク足とラインだけでチャート分析する、超シンプルな分析方法が学べます。

インジゲーターに頼らない、純粋な値動きだけの分析なので、結構本質的です。

練習問題もあるので、感覚もつかめるので、これはかなりおすすめです。

チャートもしっかり掲載されてるので、視覚的に学べます。

先物市場のテクニカル分析

通貨、商品、株式などのどの市場、どの時間軸でも普遍的に使えるテクニカル分析のあれこれが詰まった一冊です

著者は30年間、市場分析をしているパワーある人でして、その人の叡智が詰まってます

一度ぜひ読んでほしい1冊です

手法が学べる3冊

さて、上記の基礎をベースに身につけたら、具体的な売買手法を学べる本に移行しましょう

ここでも、なんでも読むんじゃなくって「絞る」ことが大事ですよ

ちなみに、僕は「ローソク足とライン」というオーソドックスなものををメインで使ってますんで、そっち系に寄ってますのでご了承ください。

ボブ・ボルマン 5分足スキャルピング

スキャルピングに近いデイトレをしたい人にはおすすめです

5分足メインで分析して、だいたい20pipほど狙うトレードの手法がまとまってます。

著者は安定して利益をだしてる海外のトレーダーです。

翻訳本なので、少し読みにくいところはありますけど、チャートの画像もたくさん載ってるので視覚的に学べます。

ちなみに、買うなら紙本がいいです。チャートがみやすいので!

【期間限定無料】維新流トレード術

こちらは期間限定で無料で配布されてる本です

カラーページや図解が多いので、とっても理解しやすいです。

移動平均線とダウ理論をベースに、中期的なトレードをするシンプル手法に関しても触れてるので、1時間足レベルでゆったりとトレードしたいなって人にはおすすめできます。

何より無料だし!

お金かけたくないけど、使える手法を学びたいなら読んでほしい1冊です

高勝率トレード学のススメ

これは一言で言えば「オーバートレードを防ぎ、とれるところだけ取る」ための本です。

FXやってると、チャンスっぽいところでエントリーしてしまったり、無駄なトレードをしてしまったりなどいろいろありますよね。

そういう無駄なトレードをいかに省いて、勝率高くトレードするか?というための分析が書かれています。

トレード回数を多くするから有利ってことではないってことがわかるので、ポジポジ病になりがちな人は必読な一冊です

FXの手法(テクニカル分析)を本で学んだら、検証しよう

手法も、どんなに本で学んでも、結局は実戦で使えないと意味ないですよね?

知ってるとわかるとできるは違うわけで、僕らが目指すのは「できる」です

でも本で勉強したとしても、できるようにはなりません。経験が必要です。

参考記事:FXが本を読んでも勝てない理由【絶望します】

なので、実戦の中で検証しましょう

画像や動画でエントリーを記録して、勝率や、負けた原因、うまくいった原因をリストアップしてモノにしていくプロセスが大事です。

最初は最低ロットで試すことをおすすめします。

実弾トレードをする覚悟がまだできない場合は、練習君プレミアムFT3などの検証ツールを使うと、実際のトレードに近い感覚でデモトレードができます。

僕は手法をいじくった場合は、こちらで数年分検証してデータを取ってから実戦投入しています。

おまけ:お得に本を読む方法

学ぶにしても、なるべくお金をかけたくないですよね?

そんなあなたに方法をお教えします。

合わせて活用ください。

関連記事:FX初心者がフォローすべきおすすめTwitterアカウント10選【トレーダーが厳選】