為替犬だわん🐶

FXと株どっち始めるか迷ってるんだけど、どっちがいいの?違いは?

この質問にお答えします

この記事では、

  1. FXと株の違い、比較
  2. どっちが稼げるのか?
  3. 結局どっちがおすすめか?

を書いていきます

この記事を書いてる僕は、現在兼業トレーダーとしてFXに挑戦中です。ただ、FX寄りではなく冷静にどっちがいいのか?をまとめていくようにしますね

【結論】FXでも株でもどっちでもいい

最初に結論をいいますが、どっちでもいいです。これはほんと。

というのも、

  • 別にあなたがどっちじゃないと稼げるとか稼げないとかはない。どっちでも稼げるし、損もする
  • 投資ではなく投機としてみれば、どっちも大差ない
  • 結局努力すればどっちでも稼げる

からです

これは冷静に考えればわかりますね

FXじゃなくて株なら稼げるんだ!

なんて事実はないわけです。どっちだって努力が必要で、損もします。

さらに、レバレッジをかけない投資でなく、あくまで短期のトレードと考えれば、結局商品が違うだけでやることは変わりません。

  1. 高く売って、安く買う
  2. 安く買って、高く売る
  3. または見送る

この3つです

なので、どっちでもいいというのが結論です。

もっといえば「人による」ともいえます。

それはこのあとかく、具体的な比較においてあなたがどう感じるか?ってことです

【徹底比較】FXと株どっちがいい?ちがいは?

さて、ここからは両者2つをいろんな側面から比較します。それを踏まえて、最後にどっちをやるのか決めればいいという感じです

ってかどっちもやったっていいんですけどね

FXと株はどっちの方がリスクあるか比較

どちらもリスクは限定されています

どっちにも損きり注文というものが存在してますので、それをしっかり入れておけば、自分の想定している損失以上は基本、負いません。

よく、破産したって人がいますが、あれは過剰にレバレッジ使いつつ、損きり注文をいれてないからです

参考:FXで人生終了するのは無理ゲーです【でも破産者続出】

レバレッジをかけない投資の場合、

  • FX:外貨預金とほぼ同じ
  • 株式:普通に株を買ってるだけ

なので、最悪の事態は口座の資金がなくなるだけです

レバレッジをかけて、かつ損きり注文をいれてない場合は、どっちも資金以上の損失可能性がありますが、

  • FX:レバレッジ25倍
  • 株式:レバレッジ3倍まで

ということもあり、場合によってはFXの方がリスクがあるといえるでしょう

ただ、FXにおいてフルレバで取引するのはおすすめでなく、10倍でも高いくらいです

FXには倒産リスクはない

同じレバレッジ3倍、または現物で取引すると仮定した場合、

  • FX:大きく見るとレンジなので3倍程度なら資金量次第では戻ってくる可能性あり。メジャー通貨であればなくなる心配もない
  • 株式:株の場合は、会社が倒産した場合、そもそも取引が成立しない

という点があります

FXは通貨なので、メジャーどころの通貨ペアであれば倒産という概念がないです。

ドルがなくなる=アメリカが破綻するってことですが、まあありえなさそうですよね。

しかし株式の場合、普通に会社は倒産するときはします。

なくなるリスクがないのは、FXですね。

FXと株式投資、どっちの方が儲かるか比較

ここでは長期(現物)投資、短期トレード(レバレッジかける投機)の2つに分けて考えます

それぞれで全く別の様相になるからです

長期投資の場合

これは株式投資の方が儲かると思います。

というのも、FXは値動きが限定されてるからです。

FXとは、通貨間の強弱であり、国家間の強弱でもあるわけで、基本的にシーソーゲームです。新興国通貨だと一方的な動きが続くこともありますが、

  • ドル
  • ユーロ
  • ポンド
  • オジドル

あたりのメジャー通貨の場合、基本的にどっちかが上がり続ける、下がり続けるってことはまずないんです

1ドル1円などの円高になったら、アメリカ的に「いやいやいや勘弁してやってけないよw」って話で、だいたい介入が入ります

なので、現在ドル円は105円ですが、これが400円になったり、10円になったりなどの極端な値動きは基本ないです。

ドル円に至っては、月足でみればレンジですしね。

その点、株式は上がる場合はどこまでもあがります。

200円の株が、5000円、つまり30倍近くまで上がる可能性もあるわけです

さらに業績次第では、配当金額も大きくもらえます

現物で投資するなら、間違いなく株がいいかと!

短期トレードの場合

レバレッジをある程度つかって、デイトレやスイングトレードをする場合は、FXの方が稼ぎやすいと思います

というのも、まずFXはレバレッジの幅がひろく、資金がすくなくても利益を作る機会に恵まれてる点があります

同じ10万円の資金でも、株とFXでは動かせる資金が変わるってことですね

また、FXは24時間取引できるので、その分チャンスに巡り合う可能性が高いです。

日中は勤務してる会社員でも、チャンスに出会いやすい=儲かりやすいわけです

FXと株式投資、取引のしやすさで比較

結論をいえば、特に日本人においてはこれはFXになるはずです

その理由を書きますね

取引量の違い

出典:https://www.m2j.co.jp/fx-beginners/session

  • FX:1日あたり取引高は約400-500兆円
  • 国内株式:1日あたり約3兆円

取引高からすでに市場規模の違いがあきらかですね。

取引高が大きいメリット

  • 値動きの操作がしにくい(インサイダー取引が起きにくい)
  • 注文が通りやすい
  • 値動きが安定しやすい

ってところです

取引高が大きいってことは、市場を動かすにはものすごい金額が必要ってことであり、相場操縦がしにくいということです

株式だと、よく動かされたりするようですが、為替においてはそれはむずかしいってことですね

さらに、株式の場合、市場全体の取引高なので、監視銘柄の出来高はもっと小さい場合があります。

その場合、出来高がないわけですので、注文が通らない、または想定してた価格で約定しないってこともあります

為替においては、そういうことはほとんどありませんでした

しっかり注文が通るのは、ストレスない取引するには重要な要素です

また、値動きに関しても、値が飛びまくったりするのも、思わぬ損きりをすることになったりでストレスフルです

生活サイクルに合うか合わないか

それぞれの市場では、取引時間が違います

  • FX:24時間OK、土日はお休み
  • 株:日本時間9時から15時。夜間、土日はお休み

基本的に株は、一般的な人が仕事してる時間しかトレードできません。

その点、FXは仕事帰りでも寝る前でも仕事前の朝でも取引ができるので、ライフサイクルに組み込みやすいかな?という印象です

とはいえ、現在は株でもPTSという夜間取引ができる証券会社もあるので、そこを使えば仕事終わりの時間でもトレードできます(23:59まで)

SBI証券や楽天証券が取りあつかってますね

取引銘柄の数

  • 株式:めっちゃ多い。どれを取引するか決めるのでも一苦労
  • FX:だいぶ限られてる

株の場合、

俺はこの銘柄しかやらん!

みたいな人はともかく、その日その日で銘柄を変える人は、選ぶので一苦労しそうです。慣れなのかな?

その点、FXでは、メジャー通貨ペアは限られるので、そこまで迷うこともありません

日本人であれば、ドル円にしぼるのはありです

いちいち銘柄選びで迷いとうないねん!

って人は、FXがいいのではないでしょうか

僕はそっちの人なので、ドル円に絞ってます

FXと株式投資、将来性で比較

どっちも将来性はあります

国内株式もなくなることはないでしょうし、FXもなくなりはしません

AIがどうとかありますが、あれは個人トレーダーにはあまり関係ないと思いますし。

株式トレーダーの仕事の、銘柄のスクリーニングとかにはAIは生きるでしょうが、取引そのものをAIが行い、学習するのであれば、むしろそのAIによって、チャートはきれいな波を描くのではないでしょうか

なぜなら、ディープラーニングの結果、勝ちやすいところを分析して入るわけなので、そこに注文が殺到するからです

FXと株式投資の値動き要因で比較

相場を動かす要因としては、2つありますよね

  • テクニカル:チャート分析で「ここがいいかな」ってとことで注文が入る
  • ファンダメンタル:個人の取引ではなく、国際情勢、ニュース、業績などの要因

基本的には、ファンダメンタルはテクニカルに内包されるとぼくは考えていますが、ファンダメンタルの影響は考慮しないといけません

それぞれの影響度合いとしては、

  • FX:ファンダメンタルはテクニカルに織り込まれてる感すごいある
  • 株式:ファンダメンタルの威力すごい印象

です

株の場合、業績やニュースの影響をものすごい受けやすいかとおもいます

粉飾決算のニュースなどがはいれば、ものすごい勢いで売られますよね。東芝なんかがそうでした。

倒産しそうだー

ってニュースがきたら、大体の人は売りまくるはずですし。

でもFXの場合、ファンダメンタルの影響は一時的なことが多いです

トランプさんの発言で急に動いても、結局はトレンド方向に回帰していきます

あくまでテクニカル上位という印象です

そう考えると、FXのほうがテクニカル優位という面で、トレードは安心してできますね。

基本的にファンダメンタルは予測不可能な要素なので、それに影響されやすい市場は、思わぬ損失をくらいやすいです

【比較結果】株とFXどっちがいいかは人による

いろんな要素でくらべましたが、それぞれ一長一短あります。

株でもらえる優待券は、FXではもらえませんし。

最終的には、

  • どっちが自分にあってるか?
  • どっちがやりたいか?

できめるしかないです。

別に、どっちだから稼げるってことはないです。しつこいですが。どっちだって稼げるし、損します

ぼくは、シンプルに取引したかったので、

  • 選択肢が少ない
  • ファンダメンタルの影響が弱い
  • 取引高が大きくて安定してる
  • ライフサイクル変わってもトレードしやすい

というFXにしました!

株は、FXで稼いだお金を長期投資に回す際にやろうと思っています

なので、個人的には、

  • 資金が少ない
  • シンプルに取引したい
  • 日中は仕事してる

ってひとは、FXにしたらいんじゃない?って感じです

関連記事:【後悔】副業するなら最初からFXをやるべき理由【僕は失敗した】