為替犬だわん🐶

投資信託って楽そうだからいいなって思ってるんだけど、FXと比べてどうなの?

という疑問にお答えします

ぼくは現在兼業トレーダーなんですけど、投資信託って確かに楽そうですよね。

人に任せてお金を増やしてもらえるかもしれないんですもん。

チャートをみて、自分で分析して、でもトレードしても負ける日もある...そんなFXと比べて、圧倒的楽チンみの深さ!

それでもぼくはFXをやっているのですが、その理由などをまとめていきます

この記事では、

  • 投資信託は楽チン。でもその裏にあるリスクは?
  • 人に任せる投資は本当に投資というのか?
  • FXで身につく圧倒的なスキル

的なお話をします

読んでいただくと、人に運用を任せるのがいかによろしくないか?がわかると思いますよ!

【結論】FXと投資信託、どっちがいいの?

ぼくの意見ですが、圧倒的にFXです

いや、FXでなくてもいいんですが、自分で分析して運用する投資をしようぜって思います

そうしないと、後で大きな後悔をすることになるかもしれません。

その理由は、後述します

投資信託ってそもそもなに?

投資信託は、たくさんのお客さま(投資家)から集められた資金をひとつにまとめ、その資金を運用の専門家が債券や株式などの有価証券に分散投資を行い、これによって得た収益を投資したお客さまに還元する実績分配型の金融商品です。

引用:https://www.jabank.org/tameru/tousisintaku/

要は、プロに金を預けて運用を任せる。その手数料を支払う代わりに運用益が還元されるもの

ってことですね。

え、なんもせんでいいの?めっちゃよくない?

って思いますよね?

それがそうでもないんです。

FXと投資信託どっちがいいの?ちがいで比較

まずは実際の差をみていきましょう

最終的にどっちやるかは人それぞれですが、差を比べてみた上でしっかり判断することが大事です

思考停止して、

プロに任せときゃ安心!

っていうのが一番危険ですからね!

プロに任せておけば安心だったら、リーマンショックなどで金融会社が倒産などしないじゃないですか?

運用の労力で比較

  • FX:短期トレードであるほどしんどい
  • 投資信託:お金預けるだけ

圧倒的に投資信託がラクですw

そりゃそうです。口座に入金すればいいんですもん

ある意味、投資信託はこの楽さを買ってるといっても過言ではありません

FXは、たのしいけどしんどいですよ

いっぱい分析して、勉強して、それなのに負けますし、負ければ目の前でお金が減りますし、勝てないと自分の努力が否定された気分になりますw

リターンの大きさで比較

  • FX:青天井。本当にどこまでも青天井
  • 投資信託:年利数%

利益の可能性で言えば、FXが圧倒的です。FXの場合は、リアルに100万円が1億になったりします

その逆もありますけど

参考:億トレーダーAkiさんから学ぶ、守りのFXトレード【大負け防止】

投資信託は、基本的にレバレッジをかけるものではないので、よくても年利7%とかいくかいかないかくらいでしょう

なので、投資信託はそもそも大きな資金がある人向けです

少なくとも数千万くらいないと、旨味がないと思います

逆に年利30%とかいく投資信託があったら、全力で疑いましょうw

ちなみに、投資信託は現物投資になるので、売りから利益が得られることもありません。その点、売りからでもエントリーできるFXは、不況時にも強いと言えます。

リスクの大きさで比較

  • FX:レバレッジによって変動。
  • 投資信託:リスク低め

FXは低レバレッジならリスクは低いです。高レバだと高いですが、基本的には損きり注文いれておけばリスクは限定的です

参考:FXで人生終了するのは無理ゲーです【でも破産者続出】

ただ、一般的には、ハイリスクなものとして考えられてますよね

反して投資信託は、そもそも年利がそんな取れない代わりに、大きく損もしないように運用されます

なぜなら、損を計上したら顧客がさわぐからですw

なので基本的には、低いリスクで運用されると考えていいでしょう

あれ?ここまでよむと投資信託の方がよさそうじゃ?

って思いますよね

【FXにはない】投資信託のウラに隠れたリスク

一見、ラクで安全性のたかそうな投資信託ですが、少し視点を変えてみるといろんなリスクがあるんです

これは投資信託を否定したいわけではなく、単純に、

こう考えることもできない?

っていう外からの意見です

そもそも、そんな儲かる投資を人に教えるか?

銀行や証券会社などがいろんな案件を持っていますが、なぜそれを一般人に教えるのでしょうか?

  • 手数料のため
  • 自社資金以上の資金を運用するため

あたりでしょうが、とりあえず「顧客のため」ではないですよね

企業は営利のためにあるので、すこし斜に構えた考えですが「人の金で稼ぐため」といった方が最適解かな、と

本当にそれがめっちゃ儲かるなら、自社の資金鬼ほどぶっこんで利益総取りすればいいでしょ?

でも資金を集めて、顧客資産を運用するということは、人の金で運用し、自社は実質ノーリスクで手数料だけとれるという旨味があるからです

投資に元本保証はないので、仮に顧客資産が溶けても、顧客は怒るでしょうが、会社側としては保証する必要ないわけです

  • 顧客は金を失うリスクを負い、
  • 会社は人の金で金儲けができる

圧倒的に会社側に旨味があるわけです

人に金を預けるリスク

ちゃんとした会社なら、持ち逃げとかはないにしても、自分のコントロールがきかない口座に資金を入れた瞬間に、その資金のイニシアチブは相手に渡ります

友人の金の貸し借りを例にすれば、貸した自分よりも借りた相手の方が立場上になってたりしませんか?

返してよ!

っていっても、

ちょっと今月きついから今度なw

みたいなやりとりしたこと、ないですか?

なぜこれがまかり通るかといえば「人の口座にはアクセスできないから」です

相手が払う意思を見せない限り、お金が動くことはありません。これがお金のイニシアチブです

持ってる側が強いわけですね。

資金が自分のコントロールから外れてしまうリスクが、投資信託にはあります

実際、大手証券会社の社員による詐欺もありますし。

どんなロジックかがわからない

損させるために投資することはないにしても、どういうロジックで投資されてるのかを理解できないのはやばいですよね

たぶん、証券会社は報告義務があり、顧客に説明はしてると思うのですが、顧客が、

うん。稼げればなんでもいーや

と完全にお任せ状態で思考停止してると、自分がいったいなにに、どうして投資してるのかわからない状態になります

ロジックなき投資は、ギャンブルでしかないです

投資信託では、こういう顧客が思考停止してるケースがめっちゃ多いと個人的に感じます

長期で資金がホールドされるリスク

投資信託は、基本的には長期投資の類ですよね

なので、バイアンドホールドが基本戦略であり、FXのようにデイトレなどという概念は存在しないでしょう

でも、今は世情も安定せず、いつどこで経済ショックが始まるか?はわかりません

わかりませんが「くる雰囲気」だけはプンプンします

そのときに、ホールドしており、かつ決済を自分でできないとなると、仮にリーマンショック的なのが起きたばあい、その打撃をモロ受けすることになります

そのあと、元の水準に回復するまでは数年以上かかりますし、せっかく利益出てたのにすべて消し飛び、かつ手数料分損してるってことになる可能性もあります

それでも、証券会社としては手数料はもらってるし、まあいいやって感じでしょう

そもそも元本保証の義務はないわけで、顧客が損して終わったとしても、会社に儲けは残ります。別の顧客を開拓するだけです。

そういうの、しっかり考えて投資信託を選んでるでしょうか?

ちなみに、人にお金を運用してもらうとどうなるのか?の体験談を今度書きます

FXと投資信託、投資スキルがつくのはどっち?

  • FX:圧倒的につきます
  • 投資信託:ほぼつきません

この「投資スキル」が残るかどうか?は非常に重要です。

自分で資金を増やせるスキルがあれば、やりなおしが効くからですね。

FXの場合は、テクニカル分析、ファンダメンタル分析、通貨の相関性、強弱関係などと、多角的に分析が必要なので、目が養われます

投資信託においては、信託先の見極め力がついても、実際の相場を乗りこなすスキルはつきません

そのため、自分で運用することがいつまでもできず、常に誰かに頼らないといけないこととなります

長期で見れば、どっちの方が投資収益を得られるか?は明確ですね!

投資とは、自分で考え、自分でエントリーし、自分で決済することで始めて投資をなりえると考えていいと思います

FXと投資信託、どっちをやるべき?最適解を教えます

結論から言えば、FXです。株でもいいと思います。

大事なのは、先ほど書いた、

  1. 自分で分析し、考え、戦略を立てて、
  2. 自分でリスクリターンを考えてエントリーし、
  3. 自分で決裁する

ことです。それを繰りかえすことで、相場観が身につき、投資家になっていくものだと思います

とはいえ、投資信託が悪なわけではありません

思考停止して誰かに資産運用をお任せする依存的思考が悪ってことです

投資信託は、ポートフォリオのひとつとしてやるのはありです

例えば、自分で株やFXなどのアクティブな投資をしつつ、投資信託にも資金をいれ、運用しておくなど

銀行口座にいれておくよりかはリスクがありますが、リスクを負う代わりにリターンもあるわけなので、最低限の貯金以外は運用していた方が有意義です

ぼくは投資信託が好きではないので、すべて自分で運用していますがw

数千万、数億円の自由資金がある方は、一部は投資信託にいれてポートフォリオを組むのはとてもありですね

とりあえず、投資信託を取り入れるかどうかも、思考停止せず、考えていきましょう

関連記事:トレーダーが最強の職業である理由【資本主義のチートキャラ】