為替犬だわん🐶

最近はやりの仮想通貨のFXと、普通のFXってどっちの方がいいの?

こう思う人は多いのではないでしょうか?

僕自身、2年前から仮想通貨に投資してて、2017年の上昇相場から、2018年の暴落相場までみてきました

そこからこの疑問にお答えしようと思います

  • 仮想通貨と為替、そもそもなにがちがうの?
  • トレードするならどっちの方がいいの?
  • 初心者にはどっちがおすすめ?

これらをまとめます

【結論】仮想通貨(BTCFX)とFXなら、為替の方がおすすめ

あくまで個人の意見ですけど、今やるなら為替の方のFXがいいかと。

というのも、

  • そもそも税制が仮想通貨は圧倒的不利
  • 取引高的に、為替の方が安定している
  • 仮想通貨はハッキングリスクが高い
  • 仮想通貨は資産保全の仕組みがない
  • 仮想通貨は取引ツールに不安がある

からです

将来的には変わるでしょうし、仮想通貨FXで稼いでる人がいるのも事実で、けっきょく株とFXの比較と同じように、どっちでもいいし、人によるってのが正直です

でも、

  • 安定した取引環境
  • 資産の安全性
  • 税金を多く払いたくない

って場合は「今は」為替の方がいいです

それをここから解説します

仮想通貨(BTCFX)と為替のちがいを比較

まず、重要だと思えるちがいをまとめますね。

ボラティリティとレバレッジの差

  • 仮想通貨:ボラティリティが大きい、レバレッジは最大4倍ほど(国内)
  • FX:ペアによるけど、そこまで大きくはない。レバレッジは国内は最大25倍

ポンドなどはすこし例外ですが、基本的には為替よりも仮想通貨の方がボラティリティは大きく、突発的な値動きも多いような印象です

なので、為替と同じ感覚で仮想通貨FXでレバレッジをつかうと、大火傷をするはず。

とはいえ、ボラの大きさは、レバレッジを調整すれば短期トレードにおいてはそこまで影響はありません

ボラが大きいなら、レバレッジをさげればいいわけですし。逆もしかりです。

取引所の安定感のちがい

今は改善されてるかもしれませんが、ぼくがやってたころは、国内の仮想通貨FXのサーバーはよく落ちまくってました

それも、大きな値動きの時に限ってです

それによって、損きりが執行されない、決済できないなどで、大損食らってる人を横目にみていました

さすがに、サーバーがおちてそもそも注文が効かないってなったらどうしようもできません

まさに第三者リスクですね。

為替でもそれがないわけではないですが、僕は経験がありません。

なので、為替の方が安心して取引できます

個人的には、仮想通貨FXはそういうリスクが怖くてやる気になれないです

取引高(時価総額)の違い

  • 仮想通貨:30兆円(仮想通貨全体)
  • 法定通貨:9900兆円

市場規模が圧倒的に違いますね

ということは、取引高が小さく、それだけ注文量も少ないってことなので、仮想通貨においては約定しなかったりなども予想できます

あくまで、上記は世界でみた数字であり、国内だけに絞ればもっとへるからです

取引の安定感でみると、為替に軍パイがあがりますね

資産保全のリスク

マウントゴックス事件しかり、コインチェックの事件しかり、仮想通貨では、

  • 第三者のハッキング
  • 海外口座の場合、とんずらや出金拒否、日本人アカウント締め出し

などのリスクがあります。

信託保全のとりきめは、為替の場合すでにあり、国内業者は基本的に顧客資産の分別管理、信託保全されてるので、仮に会社が倒産しても僕らの資産は守られます

(海外FXブローカーは基本的に信託保全はされませんが、僕の利用してるTradeviewはあります)

分別管理とは?
会社資産と、顧客資産を分けて管理すること。
信託保全とは?
簡単に言えば、分別管理を別の銀行などで信託してるから、会社がつぶれても信託先から保全されるよー的な感じ

でも、仮想通貨では国内においては分別管理はされてても、信託保全をしてるところはまだ少ないです

さらに、仮想通貨は管理人がいない通貨なので、いざハッキングなどがあった際にそれを保障する存在がありません

コインチェックの事件の時は、運良くコインチェックやマネックスによって保障されましたが、それは本来約束はされてないものです。

中央管理者がいないのは、自由な経済を生む反面、無責任がまかりとおるということですね

税制のちがい

  • 仮想通貨は総合課税のため、最高税率は55%ほどです
  • FXは分離課税のため、国内であれば20%ちょいです

その差は35%ほど

単純に1億稼いだとしたら、3500万円の差がでるってことです。でかい!!

まあ、稼げるまではほぼ関係ないとしても、税制有利な方がいいですよね

近々、仮想通貨の税制もかわるとおもいますけど、なんだかんだ時間はかかりそうです

取引時間のちがい

  • FX:平日24時間、土日休み
  • 仮想通貨:無休

利益機会が多いのは、土日も動いてる仮想通貨ですね!

土日も取引ができるのはうれしいことです。とくに平日忙しいサラリーマンにはありがたいですよね。

為替と仮想通貨(BTCFX)はどっちが稼ぎやすいか比較

どっちも稼げると思います

というか、長期投資でない短期トレードの場合は、けっきょくチャートに従って売り買いするだけなのでどっちもやることは同じです

  • 銘柄の違い
  • 値動きの大きさ、くせの違い
  • 資金管理の違い

程度しかありません

FXで稼げないからBTCFXやったら稼げた!

ってことはまあないです

ただ、レバレッジをかけないトレードをするなら、仮想通貨のほうがボラティリティが大きいので稼ぎやすいですよね

30万円のときに30万円分のBTC買って、100万円のときに売れば70万円儲かりますから。しかも仮想通貨は割とそういうレベルのボラを作ります

でも1ドル100円で30万円分のドルを買って、1ドル200円で売っても60万にしかなりませんし、ドルが倍になるにはものすごい長い時間がかかります(チャート見ればわかります)

ワイ、現物派やねん

って人は、迷わず仮想通貨です。

レバレッジをかけるなら、ちょっと仮想通貨は怖いですよね

落ちる場合、際限なく落ちる可能性があります。最悪、ゼロになる可能性も。

為替の場合、メジャー通貨はゼロになることは考えにくく、どこかで為替介入がおきて戻してきたりします。大きく見ればレンジでしかないです

ワイ、レバ使いたいねん

って人は、為替の方がいいですね。

為替と仮想通貨(BTCFX)、初心者がやるならどっち?

これもレバレッジをかけるかかけないかによります

かけないなら、現物取引でも稼ぎやすい仮想通貨がいいです。現物の場合、最悪口座資金がゼロになるだけなので、無茶してもリスクが限定されます

かけるなら、FXの方が安定して取引ができます

ただし、レバレッジをかけるってことは、元本以上の損失になる可能性があるので、損きり注文をいれることはマストのマストですけどね!

参考:FXで破産する人の特徴をまとめる【反面教師にしよう】

また、テクニカル分析でいえば、仮想通貨の方が素直に動く印象があります

 ※取引量の多いBTCの場合。ほかの通貨は知りません。

まだそこまでプロが入ってないのか、ダマシが為替より少ないような気がします。

あとはファンダメンタルも少なく、トランプさんにも振り回されないようなw

難易度的には為替の方が高い気がしますね。

逆に言えば、為替で鍛えて勝てるようになれば、BTCFXはこなせるんじゃないでしょうか。

為替と仮想通貨(BTCFX)、どっちがいいの?

結論は、どっちでもいいわけですが、

  1. 資金の安全性:信託保全、ハッキングリスク
  2. 取引の安定性:取引高やサーバーの安定感
  3. 税制の差

から、「今は」為替がおすすめです

平日は為替、土日は仮想通貨って感じでもありかもです。

僕の場合は、為替メインにして、現物取引で仮想通貨をやってます

仮想通貨は、うまく育てば、2017年以上の市場規模に成長する可能性もあるので、そのときがたのしみですね。

今のところは、それを期待してバイアンドホールドしています

また、税制、流動性、安全性などが整ってきたら、BTCFXはかなりよさそうなので、そこが参入のしどころかもしれませんね。

関連記事:【後悔】副業するなら最初からFXをやるべき理由【僕は失敗した】