為替犬だわん🐶

よーし!これからFXを始めるから、いっぱい本を読んで勉強するぞ!目指せ億トレ!

なんて人、多いんじゃないでしょうか?

最初に最悪なことを言っておきます

FXは本を読んで勉強しても、勝てません。マジで。

これは、真実です。

は!?勉強しないで勝てるとでも?

と思いますよね?わかります。でも、実際に勉強しても勝てません。

極論言えば、FXにおいて読書は意味ないです。いらないです。

ソースは僕。

この記事を書いてる僕は、今でこそ月間で負け越すことはなくなってきていますが、FXを始めたてで、本を読みまくってた時は負けまくってました。

まあそれもそのはず。FXに必要なのは知識じゃないんですから…

この記事でわかること
  1. FXで本を読んでも、なぜ意味がないのか?勝てない理由も
  2. 読書が意味ないなら、なにをすべきなのか?
  3. 読書をすべきケース

では、いきます。

【結論】FXの勉強に本はいらないし意味ないし勝てない

そう、いらないんです。

なぜか?

それじゃ勝てないからですよ!

その理由をまとめますね

本読めば勝てるなら、ガリ勉=最強のトレーダー

本というのは知識をつけるためのツールですよね?

FXが本を読んで勝てる場合、知識をつけることに貪欲なガリ勉は、最強のトレーダーになってるはずです。

しかし現実は、そうなってませんよね?

僕の知ってる億トレーダーで「成績優秀なガリ勉さん」はほとんどいません。

むしろ学歴は低いことが多く、頭はいいかもですが、勉強はできないって人の方が多いです。

億トレーダーで有名なAkiさんも、YouTubeのライブ配信で、

あれ?これってなんだっけ?

などとよく言っており、そこまで知識が豊富なわけでないと公言されています

参考記事:FX初心者におすすめのYouTubeチャンネル6選【トレーダーが厳選】

つまり、勝ててるトレーダーは必ずしも多読してるわけでも、知識が豊富なわけでもないということです。

言い換えれば、勝つために読書は必須条件ではないわけです

なぜ、FXは本を読んでも勝てないのか?

詳しくは別の記事にもしますけど、主にこの2つです

  1. 本の通りにいかないことが多い
  2. 複合的な相場の分析が必須だから

本の通りにいかないことが多い

逆に、そんな本の通りに行くならどんだけヌルゲー?

って冷静に考えると思うんですけど、それを期待してる人は多いですよね。

実際の相場では、本で解説されてるような動きになることはほとんどないです。

というのも、本って「すでに先が描画されてる過去チャート」を元に書かれてるじゃないですか?

やっていただくとわかりますが、先の書かれてる過去チャート見れば、どこでエントリーすればいいか?なんて誰でも言えるんですよ

例えば、以下のチャートで「売り」で利益出すなら、どこで入ればいいと思いますか?

たぶん、ここらへんでしょ?って感じたのでは?

おそらく何箇所か一致してるはずです。

じゃあなぜこうなるか?といえば「すでに落ちたのが描画されてるから」ですよね。

でも、上記画像の右の切れてるチャート以降で同じように考えてみてください。

ここでは売りですか?買いですか?

言い切れる人はいるでしょうか?

このように、実践の相場では、常に先が見えません。見えない中で判断していかないといけないんです。

だから、本には「こうなったら売りのパターン」と書いていても、そうならないことは多くあります。

相場は複合的な分析が必要

FXのチャートが、たったひとつの足で作られてるのであれば、まだわかりやすいんです

けど、実際は、

  • 週足
  • 日足
  • 時間足
  • 分足

と、時間足だけでも数種類が密接に関係してきます。

なので、例えばあなたが、

5分足が本にあった売りの形だからショート!

と考えても、上位足がバリバリの買いの形だったら、損きりにあったりするわけです

本は、単一時間足で分析されてることが多いので、そりゃ本の通りにいかないわけですよ。

もし本の通りに行く可能性が高いとしたら、少なくとも日足以上ではないでしょうか?

FXの勉強に本がいらないし、意味がないなら、なにをすべきか?

さて、散々、

本は意味ないよー

と言ってますが、多くの読者はこう思ってるでしょう

じゃあなにしたらええねん

と。

そこを書きますね。

FXに必要なものは「知識<超えられない壁<経験(技術)」

結論から言えば、知識よりも圧倒的に経験を積むべきです。

というのも、FXというのは技術が必要な職人芸だからです。

参考記事:FXを始める年齢は若いほどいい【未成年からの教育にFXを】

この技術というのは、実践以外では身につきません。

実践で負けながら、損して反省しながら継続していくなかで手に入るものです。

つまり、本を読んでる時間分、リアルのチャートにいっぱい触れるべきだし、負けを覚悟してトレードすべきだし、そのトレードを分析していくべきなんです

FXは別に負けても、ロット管理さえしっかりしてればすぐに資金が溶けることはありません。

参考記事:FXで人生終了するのは無理ゲーです【でも破産者続出】

負けて失った資金は、それこそ勉強代で、経費です。

最初は絶対に負けます。負けまくります。これは言い切れます。FXで唯一絶対に予測できること、それは「最初は負ける」です

それを織り込んで資金を用意し、それを想定してロットを抑えて実践トレードをし、データ分析をして「負けないための要素」を抽出するわけです

多くの人は、それをせずに最初から資金を大きくブッパします。だから溶けるんですよねー。

最初は稼ぐことを捨てて、経験を積むことにフォーカスするんです。

そうすると、ある日突然、

あれ?この形でよく負けてるから、こうすればいんじゃね?

とか、

あれ?こういうトレードはよく勝ってるな?なんでだ?

などという発見があります。

そういう「生の経験」こそが最上の教科書になるわけです。

なので、情報商材なども極端なこと言えば、いらないし意味ないです。

参考記事:【詐欺】FXに情報商材は必要?稼げない?【僕は100万使いました】

知識は最低限だけあればいい

上記の本を読んで手に入るくらいの知識でOKです

うん千円もする高い本を何冊も読む必要性はありません。読むのはいいけど。

要は、

ローソク足ってなに?

とか、

移動平均線ってなに?

とか、相場を読むのにないと困るものが補填できてればそれでいいです。インジゲーターのそれぞれの計算式とかを勉強しても意味はないです。

最低限の知識をみにつけたら、練習あるのみ!

できれば実際のお金をつかって負けることを受け入れつつ練習しましょう。

そうでないと、

  • お金を失う恐怖も、
  • 利益がててきたときの欲も、
  • それらを踏まえた緊張感あるトレードも、

経験できません。

現在はありがたいことに、練習君プレミアムというバーチャルマネーを使ったトレード練習ツールもあります。

これは、過去10年以上分の実際に動くチャートを利用して、リアルトレードに近い環境で練習ができる優れものです。

僕も検証にヘビーユースしてるけど、これはあくまで実際のお金を使わないので、メンタル面が実践のそれとは違います。

練習になるけど、実践ではないので、詰める経験は浅くなります。

とはいえ、本を読むよりも実践的なので、

ちょっとまだリアルマネーを使うのは怖い

とか、

正直、資金がまだないんす

って人は、最低限の知識を身につけた後はこれで練習して自信をつけたらいいですよ。

最初に2万ほどかかりますが、購入後は追加料金不要なのでうれしいですよね

FXの勉強に本はいらないし意味ないけど、例外もある

読書=勝ちにはならないけど、本を読んだ方がいい場合もあることは確かです

そのパターンを書いておきます

まったくの初心者は本を読もう

そもそもFXとは?

ってレベルの人は、まずチャートがなんなのか?すらわかんないと思うので、さすがに読書すべきですね

少なくとも、

日足でトレンド発生してる際、25MAが上向きで、そこにローソク足がタッチして下ヒゲつけたら、ロングが優位性高い

などと聞いて、意味が取れるくらいには知識をつけた方がいいです。

上記文章はテキトーですが、意味がつかめない場合は「最低限の知識不足」な状態といえます。

いわゆる、お勉強フェーズです

手法のベースを知るために本を読むのはあり

手法とは十人十色ですが、だいたいベースとなるものがあります。

  • ダウ理論
  • グランビルの法則
  • サイクル理論

あたりですかね。これらはだいたいの手法のベースになってる理論なのですが、これがなにかを知るための読書はありです

これは、経験だけでは「なんぞや?」というのは把握できず、知識ありきでチャートとてらしあわせて始めて理解できるものなので!

ちなみにオススメの本は以下になります

あとは、例えばオシレーターを使う手法の場合、そのオシレーターの理論などを知っておくのはいいことなので、その場合の読書は意味ありでしょう

ぼくでいえば、現在はRCIというものを研究中なので、それ関連の本は読んでますね

  1. 必要性を実感
  2. 読書
  3. 実際のチャートで知識と経験をリンクさせる

って感じです。

アウトプットありきのインプットを意識するといいと思いますよ!

メンタル面の本は読む価値ありまくり

ある程度慣れてくると、絶対にこう感じます

FXって手法とかよりメンタル面重要じゃね?

そりゃそうです。

なんせトレーダーは常におカネを失うリスクが隣り合わせなわけで、誰でもお金を失うのは嫌なもんですよ。

慣れたとしても、

お金減ったwwwwうれしいwwww

なんて人はいません。

  • エントリーするのに恐怖を感じなくする
  • 損した時も利益でたときも、一喜一憂しないようにする

ためにメンタルコントロールが必要なんです

でもそれは、知識ではできないんです。

で、このメンタルに関しては、億トレーダーも有名トレーダーも等しく経験していて、悩んだことがあるものです

それに対して、どう改善したのか?改善しなかった結果どう失敗したのか?などが書かれてる本はめっちゃ読む価値あります。

僕もこっち系の本は今でも読みます。

定番かつおすすめな本は以下です

こちらの本は、kindle umlimitedで無料で読めます!

FXの本はいらないし意味ないし勝てない。必要ある時だけ読もう

勝てないからとひたすら読書しても、無駄に頭でっかちになってもっと勝てなくなります。汗

実践で経験を積むことを最重要視しつつ、必要に応じて読んでいきましょう

読書に当てる時間があるなら、リアルタイムのチャートとむきあう方が効果抜群ですよ!

FXはお仕事なので、必要なのはOJTです。

ガンガン実地訓練に向かいましょう!

おまけ:FXの本をなるべく安く読む方法

書籍を読んでも勝てないわけなので、そこになるべくお金はかけたくないですよね?

その場合、以下の方法がおすすめです

  1. kindle umlimited:Amazonで電子書籍が月額980円で読み放題のサービスです。30日間無料。地味にFX系の書籍多いです。月1冊読めば100%元が取れます。
  2. 維新流トレード術:ダウ理論などFXの知識が図解でコンパクトにまとまってます。期間限定で無料なので、これ1冊読むだけでも割と知識補填はOKです
  3. Amazonギフト券に5,000円チャージすると1,000円分のポイントがもらえます:いってしまえば無料で1,000円もらえる感じです。本を買う際にどうぞ!

参考にどうぞ!