為替犬だわん🐶

とある起業家がFXは労働集約的だから、それよりも事業を作るべきって言ってたけどどうなの?

この疑問にお答えします

たしかに、FXは労働集約的ですが、視点を変えると資産性の塊なのですが、あまりそういう視点で見てる人はいません

僕は会社経営にも2年ほど関わり、自分で事業を5年ほどやってますが、複合的にみてどう考えても、

FXは資産性の塊でしかない

んですよね。今回はそういうお話をします

この記事でわかること
  1. FXが資産性の塊である理由
  2. 事業資産や、一般的な資産との比較
  3. 経験からいえる上記の根拠

では、いきます

FXは資産性の塊である理由

多くの人が労働だというFXですが、それを僕は完全否定します

  1. FXは同じ作業での資産性が掛け算で増える
  2. 時代などに振り回されない

この2つの理由がメインです

トレードしないと稼げないのはたしかです

とはいえ、たしかにFXはトレードをしないことには利益はでません。

いわゆる株の配当のような収益をあげることは無理です。(スワップあるじゃんって話ですが、あれで稼ぐのは無理ゲーです)

なので、ホゲーっとしてるだけでは稼げないのでそういう意味では労働集約的です

しかも、トレードして負けることもありますしね。

労働集約的だし時間の無駄

と言われても仕方ないとは思います

FXは同じ作業の「収益性」が掛け算で増える

FXに資産性がある理由の一つです。

FXというより「トレード」がですかね。株でも何でもそうですが、トレードは全く同じ作業で、稼げる金額が倍々ゲームです

最初は1トレードで1万円程度で、

すげえ

ってなるんですけど、これを熟練していき、運用資金も増えてくると、1トレードで900万っていうのも可能です

え、年収?

っていう額を、1トレードで稼げるようになります

もし1トレードで900万稼げたらどうですか?

僕だったら、400万は運用資金に組み込み、500万を引き出して、それで1年ふつうにくらせますw

つまり、FXは熟練していくと「1年に1トレードでその年の仕事終了」ってこともできます

こんな稼ぎ方ができるものってほかにあります??

FXは時代に左右されない

あとで詳しく書きますが、一般的な資産(株、不動産)なども、事業に関しても、時代に左右されて価値が変わります

事業も倒産する可能性はいつだってあるし、株や不動産は時代によっては価値が暴落したり、なんならなくなったりしますよね

つまり、時代に左右されるし、時の経過に弱いんです

今はいい価値を持ってるけど、10年先にそれをキープしてるかは定かでない

ってことです。

でも、FXの場合、

  • そもそも現物をもたない
  • 売りからのエントリーもできる

ので、どんな不景気だろうと、どんなに価値が下がっても問題ないわけです。

株の価値が暴落してるなら、売ればいいわけですし。稼げます。

みんなが阿鼻叫喚してる中、売ってれば笑いが止まらないわけです

どんな時代でも同じように稼げるっていうのは、とても資産性の高い要素です

トレードスキルは残る

金融資本主義社会である現代では、基本的に相場はあります

貨幣が仮に世界で統一されて一種類になったとして、為替がなくなってもほかの相場は残るわけです。

つまり、トレードスキルというのはいつまでも使えるものなので「無形資産」と言えます

え、プログラミングスキルとかどうなの?

プログラミングスキルは「今は」いいとは思うけど、10年後は自らのスキルが生んだAIに仕事を奪われていくと思います

ここはまた別記事にしますね!

端的にいえば、人間心理などの複雑な要因がなく、再現性が高い上に人がやる必要性がないからですね。

トレードは心理などがもろに影響するので、AIの影響は受けにくいです

資産と呼ばれるものの資産性とは?FXと比較

さて、ここでちょっと考えましょう

資産ってなんでしょう?

みんな口を揃えて、

資産を作ろう!資産資産資産!!

っていうけど、その意味をわかってる人はなんぼいるでしょうか?

資産性=価値の保存

資産性とは、端的に言えば「長い期間かわらない価値をもつもの」と考えられます

今も、10年後も変わらないものこそ究極です

今仮に自分に資産的収益をくれても、10年後にカスになってるならそれは資産とはいいません。トレンドですよね、ただの。

じゃあそういう意味で資産性も持つものってどれくらいあるでしょうか?

一般的な資産は資産性は実は低い

なぜなら、価値が変動し続けるからです。

もちろん、右肩上がりになるものもありますが、中には価値がなくなるものもあります。

株式も会社が倒産すれば紙切れだし、暴落するフェーズは100%きます

配当も、業績次第ではなくなる可能性もありますしね。

不動産も、10年後はわかりませんね。劣化もしますし、天災でそもそもなくなってしまうかもしれませんよね。

特に、今後の時代的に、経済も不安定だし、大きな天災も起こりそうな雰囲気です

さらに、世の中はすでに便利になりまくってるので、今から今の時代でいうコカコーラ社やAmazon社のような会社が生まれるかも微妙です

この見通しがむずかしい時代に、長期投資として現物の資産を持つのはなかなか渋いと思います

FXは価格の上下運動で稼げる

FX(トレード)は、現物は持たない代わりに、価格の値動きさえあれば稼げます

下がるなら売りでトレードすれば稼げるので、なんちゃらショック時だろうと関係ないわけです

なので、長期的な価値がどうなろうと関係ないので、いつでも稼げる意味で「資産性」が高いです

最近では投資家より投機家の方が稼いでる

昔は、バフェット氏やビルゲイツのような「投資家」が莫大な資産を形成してたけど、最近ではトレーダーの方が稼いでる印象です

例えば、仮想通貨でも、現物投資家が2018からの下落相場で死んでる中で、トレーダー陣はめちゃ稼いでます

株に関しても、BNF氏やCIS氏やテスタ氏含めて、大きく稼いでる人はみんなトレーダーです(投資もしてるようですが、トレード収益のが大きい)

事業資産とFX、どっちが資産性高い?

FXやるなら事業作った方がいい

とか、

FXやるなら自己投資した方がコスパいい

起業家やインフルエンサーはこんなことをよくいいます。

でもそれって果たして本当にそうでしょうか?僕は、

いやそれポジショントークだろ?

と思います。

(そういう発言する人の大半が、自分たちでそういうサービス売ってますしおすし)

個人的には、圧倒的にトレードスキルの方が資産性高いと思います

事業のほとんどは10年以内に破綻する

これは中小企業庁のデータで出てます

96%くらいの事業が10年以内に破綻してるんです

ってことは、今頑張って事業を組み立てて、軌道に乗せても、5年から10年でほぼ100%破綻するわけですよ

しかも、5年間ずーと順風満帆なことはほぼありません

常に収益をあげるために横展開を考えたり、競合とのことを考えたりして、やっと生き残ってるのに10年後にはほぼ100%で終わりを迎えるわけです

しかもこの不透明な時代の中で、です

いやーそれこそ労働集約的では?

と、僕は思ってしまうんですよね

じゃあなぜそうなるか?といえば、事業は第三者が関わってくるからですね

  • お客さん
  • 取引先
  • 競合

いろんな形で自分以外のアンコントローラブルな存在が関わってきます。その結果「同じ状況を続けること」がむずかしいんです

そもそも客が課金しないと売上になりませんし、客は飽きる生き物なので、常にアップデートしないと離れます

クレームもいってきます

競合もどんどんでてきて、市場を喰い合います

そもそも市場がなくなる可能性もあります。

それぞれに常に対応しないといけないので、心休まる時がありません。これって労働集約的でなければなんでしょうか?

事業は走り出すと止まれません。

FXのように「年1回のトレードで稼いであとはのんびりする」っていうのがしにくいです。

事実、僕はそれで消耗して今に至ります。事業はどこまでいってもラットレースなんです。

参考記事:年商1000万円アフィリエイター、FXやらなかったことを後悔【時間のムダ】

なので、事業も短期で売りぬける形式が1番健康的ですよ

FXは全く別物

FXには、自分と相場以外が介在しません。

相場の中にはいろんな人がうごめいてますが、基本的に直接それらと関わることはなく、あくまで相場の中で自分が立ち回るだけです。なので「販売」がいりません。

市場には、毎日500兆などの大金がじゃぶじゃぶ流れてるので「集客」も不要です。

そしてその市場はなくなる可能性は極めて低く、誰かとの「競争」もありません。

相場の構成要素は今もこれからも変わりません。テクノロジーの影響も受けにくいです

実際みてほしいんですけど、10年前の相場と今の相場、日付を隠してみればどっちがどっちかわかんないはずです

一度勝てるようになれば、為替市場というATMからいつでもお金を引き出せるわけです

しかも、誰とも関わらず、一人で。10年先も。

長期的に見たら、どっちの方が資産性たかいのでしょうか?

この事実に気づいてからは、

FXよりも事業を作った方が価値がある!

っていう人に対しては、

ものすごい頑張っても賞味期限10年なのに何言ってるの?w

と思ってしまいます。あくまで「今、稼げてるだけだよね?」と。

FXにお金使うなら、自己投資しよう!

という人に対しては、

FXで勝てるようになる努力って、だいぶ自己投資では?

と。

FXは資産性の塊です

時間を使うなら、どっちがいいかはなんとなく感じると思います

ZOZOやAmazonのような事業をつくれるなら、10年後にも存在し、バイアウトして大金を稼ぐってこともできますが、大半の人はそうはなれません

つまり、大半の事業は終わりが決定した中で、いかに長生きするか?のゲームです

終わりがみえるのに、そこに貴重な時間を使う意味とは?

だったら、一度マスターすれば、同じ作業で掛け算で稼ぎ続けられて、サボれるトレードの方がいいんじゃない?ってお話です

僕は凡人なので、そこまで10年以上も残る事業を作れる気がしません

だったら、最初からその選択肢をなくして、長期で使える方にベットすればいいじゃんって感じです

ちなみに、5年以上事業を営める確率もだいぶ低いので、それを現在進行形でクリアしてる僕の話はそれなりに説得力はあるのでは?と思います。

僕含め、凡人はなにに時間を使うか、しっかり見極めましょう!

関連記事:トレーダーが最強の職業である理由【資本主義のチートキャラ】