為替犬だわん🐶

7月も4週目が終わりましたので、恒例の復習記事です。

あくまで自分のために書いてる記事ですが、いつかどこかの誰かの役にたつかな?と思い、記録しています

仮にぼくが億トレーダーになった場合、雑魚トレーダーである時期のこういう記事は、未来の新人トレーダーにかなりいい参考材料になるはずです

ということで、書いていきます

なお、為替犬の手法はこちらです

今週のシナリオとリアルトレード記録

今週は、日足の根拠から、

  1. 一旦下落
  2. からのレンジ
  3. からの上抜け
  4. からの本格下落

と読んでいました。レンジまでしか進まなかったですが。

まあそこそこ合ってる感じのシナリオでした。

ただ、今週はノートレードでした汗

慎重すぎるが故、入れなかったので、ある意味正解、ある意味ダメダメです

ここだ!ってところしか入らないのも大事ですが、けっきょく確実なチャンスなんてないわけなのでもうすこし大胆さも必要ですね

今週のチャート復習や、入れたなーってところ

画像編集がめんど...ちょっと大変そうだったんで動画でまとめました

上記動画は、僕が監視してるNY金のチャートです

今週の反省点

エントリーがないことは別に悪いことではないと思います

とにかくエントリー!ってのも違いますし、チャンスだと思えないならはいらないっていうのは正解になることが多いので。

ただし、今回は、

  • チャートをみれているときに、
  • チャンスっぽいところが4回はあった
  • その全部を「確実性に欠ける」ということで見送ったことです

確実性のある相場なんてない

そう、ないんですよねw

どうあがいても「期待値が高い」までしかいかないのに、ムダに慎重になりすぎた感はありました

そう、ビビリなのです

今週の相場は、

レンジになる

としっかり想定してたわけなので、レンジ高値圏でのルールに沿ったセットアップ、安値圏でのそれはチャンスといってもよかtたと思います

ただ、それらを慎重に考える故にすべて見送っていました

でも、確実なチャンスなんてない以上、入らないことにはなにも生まれません。まけもないけど、負けから学べる経験もないです。

もちろん、勝ちも。

今回見送り決めたチャンスは、入ってればしっかり利益をとれていました

金相場はボラも大きいので、十分稼げるのになあ涙

とってももったいないな、と思いました

慎重さと大胆さを同居させる必要がある

ぼくは慎重さが異常に強く、大きな損や無茶なトレードは全然しないのですが、そのかわり「相場で稼ぐ」って目的において、それが邪魔してる部分もあります

強いリスク排除の性格が、同時に大きな利益も逃してます

でも、多くの億トレーダーは、ときに無謀ともとれるリスクを背負って勝負したりするところがあります

それは長年の経験による直感でもあり、自信でもあるのでしょうが、僕らと同じように損失の恐怖がないわけではないはずです

が、それでもえいや!っとエントリーする強さを持っていますね

勝負所に大きく張れる大胆さといいますか。

それが僕にはないので、身につけないとなーって思います

コンフォートゾーンを破る

コンフォートゾーンとは?
自分が心地よいとおもえる状態

ぼくはこれの影響が悪く働いてるような気がします

知人で、相場開始3ヶ月で25万を250万にした人がいるんですが、その人は、

ぶっちゃけ怖かったけど、ロットあげてみたんですよ。でも1回慣れるとけっこういけますよ!

と言ってました

こないだ話した感じ、エントリーの仕方がまぐれ当たりではないので、たぶん勝ち続ける気がしますが、彼もロットをあげて勝負することをしました

その結果、リスク許容値があがってる感じがあります

ぼくは「大きく負けないこと」を信条としていますが、資金が少ないうちにそこばかりこだわってると、成長曲線がゆるくなるのでちょっと度胸をつけることが必要かもですね!

とりあえず、まずは、

  1. 確実な相場はないので、期待値が高ければエントリーをするようにする
  2. そのあと、その期待値が最上位だと感じるところは、勝負に出る

という感じで、慎重さに大胆さをプラスしようと思います

いずれにせよ、将来的には大きな金を動かすので、必要な要素ですね!

来週の相場シナリオ(NY金)

来週はレンジが継続するか、下抜けを一回したのち、上を目指してって感じになると思います

期待値がたかいところがあれば、サクッとはいり、負けでも勝ちでもしっかり検証して行きたいと思います

過去の復習記事はこちら